キバも劣情もこわくない
~過保護な獣のいる暮らし

++++++++++++
レーベル:シャレード文庫
出版社:二見書房
画:サマミヤアカザ先生
価格:646円+税(予定)
発売日:2020年11月24日
ISBN:9784576201801
++++++++++++
<公式サイトより>
吸って……張ると苦しいんだ……
乳が出るせいで辱めを受けてきたユハ。再会した初恋相手のマティアスも乳の香りで発情させてしまうが…。

雄なのに乳が出るウサギ獣人のユハは、神子として乳を神へ捧げる儀式を強いられてきた。後継が出たことで解放されると思った矢先、役目を終えた神子は領主への捧げ物にされると知り、ユハはついに集落を飛び出す。行き着いたコテージは、幼いころオコジョ獣人のマティアスと過ごした思い出の地。ところが再会した彼は超大型のホッキョクグマ獣人の姿で、さらにユハの乳の香りに雄の本能を剥き出しにして…!?

獣人×獣人、幼なじみ、一途攻め、不憫受け、体格差……がお好きな方はぜひお迎えいただければと思います!
サマミヤアカザ先生の表紙、口絵、イラストがとっっっっても素敵です。

公式サイトへ
作者ブログへ